必要な練習は...

  • 2018.05.18 Friday
  • 22:29

強くありたいと思うほど弱い気持ちはない。


 同じ練習でもなんとなく言われてやる練習よりも自分で納得してやる方が明らかに効果があることはどの世界でも共通なのではないでしょうか。


 なんとなくやっている納得できない練習をするなら、自分の信じる練習を続けるべきなのかも知れないとすら思います。
 そうやって練習していくと、行き詰まる時がきても自発的に自らに必要性のある練習を探し出します。あのとき意義を理解できなかった練習も意義を感じれば必要な時にやるようになります。昔はやらなかった練習をその時にはじめても十分間に合う。なんとなくやってしまうよりはいい。


 わからないことをわからないと言えないのは素直でない。自らを冷静に認められない一種の弱さではないでしょうか。


 あまり精神論の話にしてもいけません。

 先日のセミナーで三谷インストラクターがグラウンドワークができると立っているコンバットも変わってくると仰っていました。

 また、ある練習に意義を見出せなかった、とても強くて心優しいシステマの先輩もそのある練習に意義を見出して始めたそうです。

 代表自身もやればやったところに練習課題を見つけます。とりあえず自分が意義を感じたワークをしてみると、課題が見つかる。そこをまた練習すれば良いのでしょう。

 正しい方向かどうかは行き詰まればはっきりします。


    システマ愛媛 代表

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM