1/13 - 14 外部練習会あります

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 22:58

システマ愛媛主催ではありませんが、松山市内でシステマ練習会が催されます。(2018/01/13 - 01/14予定)

 

リードは

システマ神戸 飯田 誠司さん(公認インストラクター)

が担当されます。

システマ初参加の方も、経験者の方も、今までのシステマ愛媛の練習会が良くわからなかった方も振るってご参加下さい。

 

詳細はお問合せ下さい。 主催者におつなぎします。

代表も参加予定です。

 

お問い合わせ先: systemaehime@gmail.com

 

    システマ愛媛代表

 

JUGEMテーマ:Systema

練習に大切な事

  • 2017.12.08 Friday
  • 16:56

 誤解を恐れずに言えば、練習に最も大切なのは効率だと考えています。


 効率を上げるためには、

 練習パートナーへの思いやりが必要です。思いやりがなければパートナーを失います。パートナーがいないと良い練習にはなりません。練習の後には感謝を伝えるべきです。

 

 効率を上げるためには、

 練習パートナーの反応をしっかり見ることが必要です。必要以上の作用はパートナーに怪我をさせてしまい、やはり練習が出来ません。


 効率を上げるためには、

 ゆっくりと練習しなければなりません。雑な動きは良くない癖を生む事が多く、遠回りになります。

 

 効率を上げるためには、

 回復しなければなりません。回復を怠ると健康を害します。健康を害せば効率は悪くなります。焦りは禁物です。

 

 効率を上げるためには、

 生活を大事にしなければなりません。生活がしっかりとしていないと、落ち着いて練習出来ません。


 効率を上げるためには、

 信じなければなりません。いつかたどり着く場所にたどりつけると。できる訳ないと少しでも思うと効率が悪くなります。


 効率を上げるためには、

 見直しが必要です。あれで良かったのかもっと良い方法があったか、余裕があるときに考えておくと、今度はより楽にできます。


 

 生活でも同じかもしれません。


 システマ愛媛代表

 

    

 

経験者

  • 2017.11.19 Sunday
  • 01:15

システマ愛媛は初心者歓迎とも書きましたが、もちろんガチガチの経験者も歓迎しますよ。
 リングに上がっても代表自信が勝てないかもしれませんが、180日の訓練に耐えるのは私の方ではないかというのは思いはあります。コンペティション(競争)に行き詰まった方も是非。
 
 同意書記入と会場費さえ払えば誰でも参加できます。参考までににひやかしに来てください。

 

   システマ愛媛代表

 

JUGEMテーマ:Systema

システマといえども(?)

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 00:35

 システマといえども(?)現代科学を否定したり、矛盾を引き起こしたりはしません。当たり前ですが。

 ザイコフスキー氏から代表自身が直接聞いたので間違いはないはずです。また、ほかマスターやミカエル氏からも現代科学を否定したり、矛盾する発言を聞いたことも一切ありません。

 

 ただ、ザイコフスキー氏の言葉では格闘中に力学的な計算をしても間に合わないことが多いので、別の考え方をした方が早いーーとのことです。自転車や車の運転を力学の方程式の計算を行いながらしている人はおそらく少ないのではないかと思います。身体の使い方も同じでしょう。

 システマが近年注目されその精神性や「方法」にフォーカスされ過ぎるあまり、ーー極端に言えばシステマが魔法の類と思われている側面がないか最近不安になりました。

 

 他の格闘技や護身術、サバイバルテクニックに比べ比較的に一定レベルまでの上達が早いといわれています。(奥も深いですが。)もともとシステマはロシア軍の訓練プログラムが発祥でしたので、上達レベルの底上げが早く、現代の科学や思考を否定しない性質のものに作られたのだといえば理解していただけ易いかと思います。

 

 そして当然ですが、ほかとも同様に代表の知る限りに一日でマスターになった人物はシステマの世界にはいません。きちんと練習すればシステマは生き残る可能性を上げて生活を助けてくれますが、その練習は信頼できる環境の下で少しずつ安全に留意して行っていただきたいです。

 

     システマ愛媛代表

 

JUGEMテーマ:Systema

格闘技をしたことがないのですが...

  • 2017.11.09 Thursday
  • 23:50

格闘技をしたことがないのですが...

 

 ただ我々がしなければならないのはどんな場面でも適切な行いができるようになることです。
 

 格闘技や護身術の経験や運動経験、体力、経験、知識…様々を気にされる方は多いです。生き残るためには自分が世界に引き起こす効果が大き過ぎても小さ過ぎてもいけません。

 脅威を取り除くためには意図をなくす方法をまず考えます。

 相手や物をむやみに破壊しないことを考えます。

 効果に過不足があっては自分が無駄に疲れたり、逆に恨みをかってしまったりします。

 

 そのためには様々な練習パートナーがいることが大切なのです。

 大きい小さい、軽い重い、早い遅い、パワーが大きい小さい…対応できない組み合わせがないように練習をする必要があります。

 

   システマ愛媛代表

JUGEMテーマ:Systema