【システマ大阪】 9月のワークショップ 参加予定

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:49

【システマ大阪】 9月のワークショップ 
~~システマ・ファンダメンタルズ~~

 

に参加させていただきます。良いものを吸収して戻ってまいります。

9/23-9/24はシステマ愛媛としての練習はなしの予定です。

 

        システマ愛媛代表

JUGEMテーマ:Systema

リアルコンバット

  • 2017.08.17 Thursday
  • 19:44

システマは現代の最新戦闘技術(つまり銃火器やナイフ、火薬類を用いた軍事技術)に裏打ちされた技術ですので、いわゆるリアルコンバットにおいて最も生き残る可能性を高める技術だと考えて差し支えないと思います。

一方でいわゆる伝統武術(空手、柔術、などなど)は作られた時代当時の最新戦闘技術(刀、槍、弓など)に基づいた技術で、後々の時代にだんだんとルール化されてスポーツになっていったのではないでしょうか。スポーツはスポーツでとても意義深いものです。


戦闘の為の技術の練習がいつの間にか、その練習ができること自体が大切になってしまいがちです。これは問題です。

システマの練習でも実際の戦闘においてどんな意味をなす練習なのかその位置付けを決して忘れないで下さい。

例えば、練習ですので制約条件をわざと設けたり、練習用の刃の無いナイフを使う場合もあります。そんな制約を付けている時に明らかに殴られる、蹴られる動きをしたり、ナイフの刃を掴んだりするのは避けて下さい。

良い練習になりませんので。


     システマ愛媛代表

ステイトを保つ

  • 2017.08.10 Thursday
  • 01:14

先日は大阪での大西さんのワークショップに参加してきました。

とても有意義でfunctionableなシステマを学ぶことができました。

 

どんなワークをしたかは練習でシェアするとして今回は別の事を書きます。

 

セミナーやワークショップでのワークは持ち帰って仲間とシェアするのがシステマでは多いのですが、セミナーではあまりうまくいかなかった事、あるいは全くできなかった事がシェアクラスでは出来てしまう事があります。

セミナー中とは違い良く知っている仲間と練習できる、

無意識にワークの内容を反芻している、

どちらもあると思いますが、今回はステイトという観点を取り上げます

ステイト = 状態?とでも表現できますでしょうか。システマではステイトを保つ重要性が時々説かれます。

セミナーでは面識のない人と組んで緊張したり、舞い上がったり、ステイトを保てない事が多くなってしまいます。ワークがうまくいったりいかなかったり、これはステイトを保てない事で生じるのではないかと今回は特に感じました。

 

表面上落ち着いている人が緊張していたり、怒っている様に見えて思いの外ステイトが保てていたり様々なケースがあります。ステイトのコントロールがパフォーマンスに大きく関わる様です。

 

     システマ愛媛代表

 

JUGEMテーマ:Systema

システマ大阪:【7月ワークショップ】 7月29日【土】14:00~19:00(システマ大阪道場)

  • 2017.07.27 Thursday
  • 21:21

システマ大阪7月のワークショップに参加します。

 

良いものを吸収して帰ってまいります。

ご都合がつく方は是非ご一緒に練習しましょう。

 

   システマ愛媛代表

 

JUGEMテーマ:Systema

7/5野外練習会(業務連絡)

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 18:17

練習会会場付近で雷鳴がなっています。

代表は会場には行きますが、雷雨が続く場合は状況によって練習会は中止する可能性があります。ご了承下さい。